バイオマス燃料事業

クリーンなエネルギーによる脱炭素社会と持続可能な社会への貢献

事業内容
  • 木質チップ、PKS(パーム椰子殻)、木質ペレット等の生物資源由来(=バイオマス)の燃料を国内外で集荷し、
    バイオマス発電所に供給しています。
  • 廃材由来のチップ、廃プラスチックを原料とするRPF(固形燃料)、廃タイヤ等のリサイクル燃料を国内外で集荷し、
    発電所に供給しています。

廃棄物由来の燃料

家屋を解体した際に発生する廃木材由来の建廃チップや、産業活動に伴い発生する廃プラスチックと繊維を原料としたRPF(固形燃料)、廃タイヤ等を、日本製紙グループの発電所を中心に供給しています。
国内で発生した廃棄物を石炭代替燃料として全国各地の発電所で有効利用することで、脱炭素社会へ貢献しています。

上写真:
① タイヤチップ(廃タイヤ) ② PKS(パーム椰子の殻) 
③ ブラックペレット(木質ペレットを炭化したもの) 
④ 木質ペレット ⑤ 建廃チップ ⑥ RPF

国内山林における林地残材の活用

日本の山には、有効利用できずに残されてきた材が沢山あります。私たち日本製紙木材が培ってきた製紙用チップのノウハウを最大限に生かしながら、製材用、パルプ用だけでなく、これまで山に残されていた材もカスケード利用することで、発電用燃料として最大限に活用しています。これは、日本の林業全体に貢献する、持続可能な社会の実現に向けた大きな取り組みの一つです。

カスケード利用…木材を多段階で利用すること。
建材等の資材として利用した後、合板や紙等の利用を経て、
最終段階で燃料として利用することを言います。

グローバルな燃料調達と
新規燃料の開発

私たちのバイオマス燃料事業は、国内に留まらず海外からの燃料調達も行なっています。例えばインドネシアやマレーシアからは、農業残渣物であるPKSを調達し、日本の発電所向けに燃料として有効利用しております。その他にも、世界各国で木質ペレット等のバイオマス燃料の調達ネットワークを構築しています。
今後は脱炭素社会の実現に向けた新燃料の開発にも取り組み、持続可能な社会に、より一層貢献していきます。

© Nippon Paper Lumber co.,ltd.

PAGE
TOP