社長メッセージ

木と歩む社会を支え続けます


当社は「木とともに未来を拓く総合バイオマス企業」を標榜する日本製紙グループの中で、木材の専門商社として原木、製材品、建材、製紙用チップからバイオマス燃料に至るまで、木に関するあらゆる商品を取り扱っています。また、商社機能に留まらず、民間企業では全国2位の面積を持つ日本製紙社有林の維持管理を担当するなど、山林やそこから産出される木材と深く関わる事業を半世紀にわたって展開してまいりました。

当社と木材を取り巻く状況は、この半世紀で大きく変わろうとしています。当時は、旺盛な住宅の着工需要を受けて、海外から安価な木材の輸入が急増しました。海外材が市場で大きなシェアを占めるようになります。その傾向は長く今日まで続き、木材自給率の低さは国内林業の望ましい発展を妨げる一因になってきました。そのような状況の中、当社は将来を見据えて、他社と差別化した独自の強みを生かしたビジネスを育てるため、早くから国内材の優れた価値に注目し、その取扱い量の拡大に取り組んでまいりました。その結果、現在では当社が扱う木材の内、国内材の割合が金額比で約6割を占めるまでになりました。今後も更なる拡大を目指します。

もう一つの大きな変化は、エネルギー事業への取り組みです。当社には、日本製紙グループの一員としてこれまでに築いた、製紙用チップの全国集荷ネットワークがあります。そのネットワークを生かして、バイオマス発電に使用される燃料チップの集荷を強化しています。燃料としての木質チップは、製材品や製紙原料に向かない低質材の用途を画期的に広げ、これからの我が国の林業にも大きな影響を与える可能性を持っています。加えて、建廃材、木質ペレットなどもバイオマス燃料として有望で、中でもPKS(パーム椰子殻)については、海外に独自拠点を設けて、その集荷に特に力を入れています。また、バイオマス燃料以外にも、石炭の代替となりCO2排出量の削減を期待できる廃タイヤなどリサイクル燃料の扱いも増加しています。

当社が持つ強みは、これまでに培ってきた知見や集材・供給のネットワークを生かして「森林で育まれた一本の木を全て使い切る」ことができることです。この企業価値を将来に継承し成長を続けるためには、一人一人の社員がそれぞれの分野で、個性を伸ばして積極的に生き生きと仕事ができる環境を作ることが何よりも重要だと考え、人材の育成に注力しています。

会社が発足して50年という年月は、森林の成長に例えると植栽・下刈りの初期段階から枝打ち・間伐などの育成期を経て、伐採期に向けてより一層の成長を迎えた時期にあたります。まさに当社は、ビジネス環境の変化を大きなチャンスと捉え、将来に向けて新たな成長へ邁進しています。再生可能な資源である木を扱うプロフェッショナルとして持続可能な社会の構築に貢献し、人々の生活をより豊かなものにできるよう、これからも日々努力してまいります。

代表取締役社長
羽山 邦彦

© Nippon Paper Lumber co.,ltd.

PAGE
TOP