森林経営事業

持続可能な森林経営を実践。再生可能な森林資源の価値を最大化

事業内容
  • 日本製紙社有林の計画・実行管理を行っています。(森林経営計画、保育、伐採等)
  • 自治体他林業関係者との協働にて、新たなビジネスに取り組みます。

持続可能な森林経営の実践

日本製紙は国内に約9万ヘクタール(約400か所)を保有する、民間では国内第2位の森林所有者であり、そのすべてがSGEC森林認証を取得しています。
当社は日本製紙より委託を受け、社有林の森林経営管理を行っています。森林経営計画を作成し、植林、保育(下刈、間伐等)、収穫(皆伐等)によって森林の循環を管理しています。生物多様性保全や水源涵養等、森林の持つ多面的な機能を発揮させつつ、持続可能な森林経営を目指します。

日本製紙木材グループの役割

日本製紙社有林の内、大きな面積を占める北海道では(株)ニチモク林産北海道が、九州では(株)南栄がグループ会社として森林管理を担っています。
両社は地域に根差し、長年、地域の林業をリードしてきました。ハーベスタ等高性能林業機械の導入や、ドローンを活用したリモートセンシング等、次世代林業に向けたチャレンジを継続しています。


サステナブルをより広く

当社は日本製紙社有林の森林経営を中心に、持続的で健全な森林経営を実践してきました。そこで培った経験や技術を活かし、行政や森林所有者、林業事業体を対象として、森林経営・管理に関するコンサルティングを行っています。
この試みはまだ始まったばかりですが、経営と保続を両立させる当社のノウハウを活かすことにより、林業生産性の向上や地域における森林や木材利用の循環等、地域の未来に貢献したいと考えます。

© Nippon Paper Lumber co.,ltd.

PAGE
TOP